• ホーム
  • 睡眠障害は生活リズムや体調に影響を及ぼす

睡眠障害は生活リズムや体調に影響を及ぼす

2019年12月11日

睡眠障害は症状の出方や度合の違いこそあれ、現代人の多くが陥りやすい病気の一つとなっています。
不眠症は睡眠障害の中で最も患者数が多く、寝付きが悪い入眠障害・夜中に何度も目覚めてしまう中途覚醒・眠りが浅く熟睡感がない熟眠障害・深夜に就寝しても明け方に目が覚める早朝覚醒の4つに分類されます。
睡眠障害に陥りやすい原因は幾つかありますが、直接の引き金になるのは睡眠ホルモンと呼ばれるメラトニンの不足と言われます。

不眠症を招くメラトニン不足を引き起こすのは加齢やストレスのほか夜型生活など日常の生活リズムの乱れがあります。
メラトニンは幸せホルモンという別名を持つ脳内の神経伝達物質セロトニンを材料として脳内の松果体という小さな内分泌器で生成されます。
質の良い睡眠をとるために必要なメラトニン量を確保するには昼間に生成されるセロトニンの分泌量を増やしておく必要があります。
セロトニンは朝の太陽光をしっかり浴びて、昼間の活発な活動によって活性化され充分に分泌されます。

夜型の生活で朝の太陽光を浴びる機会が少なくあまり動かないデスクワークの上、ストレス過多の日常を過ごすことで昼間のセロトニン分泌量が低下すると、良い眠りに必要なメラトニンも分泌されにくくなります。
さらに加齢やストレスによって自律神経がバランスを崩し、夜になっても昼間の活発な活動や興奮・緊張を司る交感神経が優位なままとなって寝付きの悪さや眠りの浅い状態と引き起こします。
昼間に強い眠気に襲われて昼寝をするとさらに生活リズムが乱れ、それが定着することになります。

不眠症に陥ると睡眠不足から起こるめまいや立ちくらみ、慢性的な倦怠感や食欲不振などの症状にも見舞われ、不眠のストレスで自律神経のバランスがますます乱れて自律神経失調症の発症や悪化を招きます。
さらに不眠症はうつ病の引き金になると言われ、睡眠障害の改善は心の健康を守ることにも繋がってきます。
どうしても眠れない場合はメラトニンの摂取が可能な医薬品メロセットを役立てるなど、まずは良い睡眠のリズムを取り戻しておくことが大切です。

睡眠導入剤を使用するのも良い方法

不眠症をはじめとする睡眠障害は加齢やストレス、夜型生活によって引き起こされますが、更年期に差し掛かった女性の場合、更年期障害の症状の一つとして不眠が起こることもあります。
更年期のホルモンバランスの崩れは自律神経のバランスをも乱しやすく、夜も交感神経が優位になり不眠症を発症します。
不眠のストレスがさらに心身に悪影響を及ぼして食欲不振など胃腸の不調から腸内環境が悪化し、メラトニンやその元になるセロトニン生成に必要な栄養素が不足する事態も招きます。

更年期にかかわらず加齢やストレスは不眠症を招くリスクを大いに高め、いったん眠りの質が悪くなると昼間の倦怠感から活発な活動ができなくなります。
食欲不振のため必要な栄養素が摂れず腸内環境も悪化、良い眠りのために必要なメラトニンを分泌するために必要なセロトニンが充分に分泌されなくなり理想的な睡眠リズムに戻すことがさらに難しくなります。
まず必要な量のメラトニンを外部から摂取するという方法で速やかに良い睡眠を実現するほうが不眠症の悪化を防ぐことにも繋がるため、メロセットなど睡眠導入剤の有効活用も良い方法の一つになります。

医療機関で処方してもらう睡眠導入剤の中には効果は高いものの副作用の心配がある種類や依存しやすくなるタイプの薬もあります。
メロセットの場合はメラトニンが主成分ということで一般的な睡眠導入剤と違って強制的に眠らせる薬ではなく、睡眠のリズムを整えるために役立つ作用をもたらします。
これまで睡眠導入剤の副作用や依存性のリスクが心配で使用をためらっていた人に向く薬と言えます。
メロセットに睡眠リズム改善をサポートしてもらいながら、朝の太陽光を浴びて適度な運動を心掛け、日常の良いサイクルを整えてこそ健康的な眠りが得られるようになります。